デリヘルとホテヘルの違い | 業種を選べば風俗アルバイトも長く続くし高収入もゲットできる!
休憩している女性

デリヘルとホテヘルの違い

青い服の女性

風俗アルバイトにある程度慣れている人、もしくはオナクラなどの店舗じゃなくても頑張れそうだという人は、もう少しハードルの高い風俗アルバイトに挑戦してみるといいでしょう。
例えば、大阪でよく見かけるホテヘル求人。
ホテヘルとは、デリヘルのように店舗でない場所でサービス提供をおこなう風俗です。
デリヘルは男性客の自宅や宿泊しているホテル、ラブホテルでサービス提供をおこなうのに対し、ホテヘルの場合は場所がラブホテルに限定されています。
デリヘルとホテヘルは似ている風俗なのですが、大きな違いは受付所の有無でしょう。
デリヘルは電話などによって直接女の子を呼ぶことになり、料金の支払いなどは女の子がしなければいけません。
しかし、ホテヘルの場合、まず男性客は受付所で受付を済ませることになりますし、料金の支払いなどはこの時点でおこなわれます。
男性客と直接的なやり取りが少ないですし、受付所に訪れた男性客はモニターで確認できることから、知人などと鉢合わせる心配もないのです。

また、ホテヘルの場合、プレイ場所がラブホテルに限定されています。
そのため、見ず知らずの男性客の自宅へ行くことはなく、安心して仕事に集中できます。
ラブホテルなら内装や設備も充実していますし、清潔感も常に保たれています。
毎回違うラブホテルで気分転換しながら働くこともできるでしょう。